マンション管理、大規模修繕のコンサルタントはソーシャルジャジメントシステム

株式会社ソーシャルジャジメントシステム SJSのノウハウを最大限に活かし「マンション管理」の合理化と品質改善をトータルにサポートします

正社員募集

TOPアクセス会社概要資料コーナーマスコミ掲載情報出版本リンク集
エレベーター点検業務監査
エレベーターはマンションの足であり、財産です。業者に任せ切りでなく、時には自分達の目でチェックしたいものです。 SJSが管理組合に代わって、点検業者の業務内容をチェック(監査)します。
 
理事会に代わって、1級建築士事務所SJSがエレベーターの点検業務を監査します
法律上、エレベーターは管理者を定め、定期的に管理する必要があります。 しかし、エレベーターの点検には専門知識が必要で、多くのマンションは点検業者(エレベーター会社)に委託しています。結果的に点検業者に任せっぱなし、点検報告書もそのままになっているのではないでしょうか。
そこで、SJSが理事会に代わって点検業者の業務チェックを行ないます。
 
エレベーター点検は、毎回全項目をチェックするのではなく、重点項目をローテーションで管理しています
エレベーターの点検は、毎回全項目をチェックするのではなく、年間を通じて重点項目を順次行なっています。SJSのエレベーター監査では、そのような内情も含めてご説明します。
 
エレベーターの点検業務を明確にし、理事会の皆様が見ても分かる形態にします
監査結果は分かりやすいレポートにまとめ、理事会にご提示します。エレベーター点検時の問題があれば、改善策を含め率直にご報告します。
 
エレベーター点検業務監査1台5万円
 

<エレベーター点検報告書の例(一部)>

1)エレベーターとかごの段差確認・説明受け
  @乗り物と段差の設定、レべリングの実演

@ エレベーターの乗り場から、かごを手動により最大限下げた状況に設定(これ以上下げた場合安全装置が作動し正常位置にレベリングする。)
【段差確認等】
@ 手動によりかごを最大限下げる
A 段差の測定
B ドア開閉時に自動的にレベリングする場合としな
  い場合の実演による確認

以下は、5月30日に貴マンションで行われたエレベーター保守点検作業の実写真である。

2)乗り場とかごの段差測定等

@ エレベータを手動にして、かごを最大限下げた
  状態(これ以上下げると安全装置が働いて正
  常位置に戻る。)で段差を測定
A 測定の結果3.4cmであることが判明、立った
  状態で段差を一見すると5cm〜6cm程度ある
  ように錯覚する

B この状態でドアを閉め、次にドアを開けると、
  人が乗る前に、かごが自動的にレベリングを起
  こして正常位置に戻った。
C 2cm程度の段差でBと同様にドアを開けても
  起動せず、人が乗ってかごが上(下)に動きだ
  すと同時にレベリングを起こして正常位置に戻
  った。

油圧式エレベータの特徴で朝等の始動時は段差が生じていますが3cm以下であり、基準値の範囲内です。特に深夜等で1階から使用する場合に段差が生じている場合がありますのでお気を付け下さい。エレーベータが動き出せば、段差は正常位置に戻ります。

 
 
SJSへのお問い合わせ 管理費削減・大規模修繕など… メールでのお問い合わせはこちら…
 
ゼロから分かるマンション管理
 

管理費をもっと安くしたい

無料簡易査定
管理分析レポート
管理費3ヶ月削減プログラム
共用部節電対策

管理の質を確保したい

スマートシステム
新築アフター点検サポート
管理業務監査
オーダーメイド管理仕様作成
エレベーター点検業務監査

長期修繕計画を見直したい

「長期修繕計画」無料診断
建物調査/診断レポート
オーダーメイド「長期修繕計画」作成
エレベーター新型モダニゼーション

大規模修繕工事をきちんと行いたい

電子入札システム
工事設計監理
バリューアッププラン
一時金/借入金ゼロプラン
20年保証屋上防水工事
10年保証パレット塗装工事
外壁リノベーション
作業監視システム

管理組合の活動を活性化したい 合理化したい

TMサポート
専用ホームページ作成/運営代行
自主管理サポート
ディレクター派遣
管理者(理事長)代行

もっと合理的で快適なマンション管理を実現したい

新聞宅配システム
・災害マニュアル等整備サポート
ゴミステーション脱臭システム
補助金/公的融資コンサルティング
保険コンサルティング
 
会社概要  アクセス  サイトマップ  資料コーナー  マスコミ掲載情報  出版本  リンク集  お問い合わせ  プライバシーポリシー  サイトポリシー